住宅ローン借り換えに必要な諸費用に注意!

住宅ローン元専門家の管理人です( ̄ー ̄)ニヤリ。

今日は借り換えの諸費用に関するお話です。

これはもう皆さまには当然の話ですが、
住宅ローン借り換えの際には諸費用がかかります。

この諸費用が結構、かなり、バカになりません。

減額分と諸費用の合算の視点が大事です。

住宅ローン借り換えにかかる諸経費は、
どの程度の金額をどの程度の期間に渡って
返済していくのかなどによって大きく金額が変わりますが、
最低でも20万円程度、多い場合には100万円ほども
かかることがあると考えておいて下さい。

これは結構銀行によって違います。

住宅ローン借り換えの際に
最も高額となる諸経費が保証料です。

周知のごとくに住宅ローンでは保証人などは必要としませんが、
その代わり万が一ローンの返済が滞った場合などには、
この保証会社が返済を肩代わりします。

また住宅ローン借り換えを行う場合には、
抵当権の再設定を行う必要があります。

また住宅ローン借り換え先によっては
事務手数料が、4~7万円程度必要になります。

これも手痛い出費ですねー。

この他にも印紙税などの諸費用もかかってきます。

この辺に注意が必要です。

あなたが借り換えをご検討中なら
こちらのランキングが参考になります。