変動金利の住宅ローンについて

変動金利と固定金利の2種の金利から、ローンを選択することができます。ローンの変動金利について調べてみました。ローンの変動金利というのは、金融情勢によってローンの金利が変わるものの事です。金利は時々の経済情勢に関わっていますので、見直しによって金利上がるか下がるかは決まっていません。

低金利でのローンが利用できる時や、今後の金利低下が見込める時は、変動金利制はおすすめです。金利が見直されて上昇した場合は、支払額の利息もその分増えます。将来的な支払い金額の予想が難しいというのが最大のデメリットです。金利に上限が設定されているというタイプの変動金利制を利用してローンを組む方もいます。金利上限が決まっていれば、どれほど変動金利制で金利が動いても、想定した金額を超えた返済負担は発生しないのです。

ライフステージに沿った長期間の返済計画を立てるには、金利上限がはっきりしていると決めやすいようです。変動金利、固定金利ともに魅力があり、また欠点もあります。どんな家庭で、どのような条件でローンを組み、家計は今後どうなっていくのかによって、どちらのタイプがいいかは違います。固定金利型ローンと変動金利型ローンは明確に線が引かれているわけではなく、両者を組み合わせたようなローンも存在します。

返済を途中で繰り上げることができたり、固定金利型と変動金利型を切り替えることができるローンなどもあります。ローンを組む際は、最初から一つの銀行に絞らず、金利などを比較検討することをお勧めします。