リフォームローンはどこがいい?金利の安い銀行を選ぶ方法

リフォームローンを利用するに当たりいくら借りられるかというのは、工事をする上で最重要項目ですね。

しかし、リフォームローンというものは住宅ローンと比べて借入限度額はわずか1/10程度となっています。

借入れできる最大金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

しかし、リフォームローンの金利は2%から5%という高金利で、返済期間は最長でも10年から15年ですので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。

返済に無理のない借入額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はまずはその原因をきちんと分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった不適切と判断されてしまう問題があったのかもしれません。

例を挙げるとリボ払いの残額が残っていたり、キャッシング額が大きいなどカードローンの利用状況も融資には重要な要因となります。

これらの残債をきちんと整理することがリフォームローンの審査に受かる近道となります。

リフォームをするにあたって必要となるのがリフォームローンの頭金です。

その料金はリフォーム業者によって対応が異なります。

リフォーム工事に取り掛かる前に頭金が必要という業者もいれば工事が完了次第一括払いでお支払いくださいという業者もいます。

リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので少なくとも2 3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容をきちんと確認することが大切です。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税ですね。

申告をすることで、その年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり指定されています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下という条件があります。

ご存知ですか?リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保があるかないかによっても金利が変わり近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利タイプには大きく分類すると2種類あり固定金利型と変動金利型があります。

変動金利型というのは市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型と指定した期間内だけ固定金利になり満了するごとに長期型か変動型する固定金利選択型があります。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは体験談が掲載されたランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。

まず最初に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な金額を計算しピッタリのリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

また、中古住宅の購入と併せてリフォームを考えている方は一体型のリフォームローンを利用することで、金利を抑えることが可能です。

最近話題のアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

金利に関しましては短期融資なので7.20%から14.40%と少々高めの設定になっています。

家に居ながら申し込みが可能なことや担保・保証人が不要なので小規模なリフォームにはベストマッチです。

返済シミュレーションも条件を細かく設定できるので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

リフォームローンの口コミでの注意点として、高評価な金融業者が当たりとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準が厳しめになっているようです。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となりその腹いせとして悪い口コミを書き込むということは多くあるのです。

ですので、口コミに踊らされてしまうと自分に条件に合致した商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミを参考にする際には、口コミの件数に囚われず付けられた評価が、なぜその評価なのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンの一体型について紹介します。

平たく言うと住宅ローンとリフォームローンがセットになったローンです。

中古物件を購入しリノベーションするなら一体型ローンがだんぜんおすすめです。

リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いので1本化することでリフォームも低金利が適用されるメリットがあるからです。

但し、注意点としてローンの事前審査でリフォームの見積書が必要になったり、リフォーム工事の契約書が必要になる場合があります。

従って、中古の物件を探すことと並行してリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

アルヒ(ARUHI)のリフォームローンは申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。

融資金額は50万円以上1 000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

アルヒの利率は変動金利型で、年に2回の長期プライムレートを3か月後の口座振替から適用します。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。

(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)楽天のリフォームローンといえば【フラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅購入資金とリフォーム工事資金を合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年の10月には新商品の【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは金利の引き下げが受けられることです。

注意点として工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sとの併用は不可などがあげられます。

リフォームローンの金利は金融機関によってかなり異なります。

参考:http://リフォームローン.skr.jp/

低い利率では1%台からありますが、金利が15%ほどもある金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動金利と呼ばれるものと固定金利と呼ばれるものがあります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、融資業者に余剰分を申告・返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですがそのままにしておくと架空請求みたいで不安になりますね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

追加融資が難しいと判断した金融機関では、上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローンを選ぶと良いでしょう。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり金利相場や借入期間、借入可能額などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利は長期借入の方が低金利になるので無担保型の約2から5%という金利に対して、担保型は約1から2%といった低い金利となります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり変動金利と固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

リフォームローン金利比較を行う際は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

金利や審査時間など条件ごとに並び替えすることも可能です。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますのでワンクリックで金融機関のHPへ飛べるところもあります。

自宅で口座を開設できるネット銀行が広く普及してきたことから銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。